topimage

2018-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Family Trip 2016: Little Monkeys on The Big Monkey〜Day2 - 2016.08.29 Mon

FT2016-034.jpg
素晴らしいお宿のおかげで、しっかり睡眠も取れ、移動疲れもかなりなくなった。それでも若干の時差ぼけがあるのかかなり早朝に目が覚めた。外はまだ暗いが既にモーニググラデーションが始まっていて思わず見入ってしまう。今回のトリップには早起きの方が実は都合がいい。スミスロックは基本的に春と秋がベストシーズン。ハードレッドポイントを狙う場合は冬でも登りに行くが、夏は基本的に暑すぎて登る人は少ない。自分もこの地に数年住んでいたわけだから、夏のえげつない暑さは十分承知している。ただここはアメリカ。日本と違い湿度が相当低い。よってどんなに暑くても、日陰を選んで登れば結構登れたりするのだ。日本に比べればはるかに登りやすいコンディションであることは間違いない。

FT2016-035b.jpg
スミスロックはクルックドリバーという川に侵食された"半島"のような地形である。メインエリアは画像の右側、東面に集中している。今回の我が家の目標はモンキーフェイスの天辺まで登ることである。このモンキーフェイスはスミスロックの西面に位置するため、基本的に午前中は日陰になるのだ。合計4ピッチで頂上まで抜けるので、家族3人なら朝の7時に取り付けば昼過ぎには十分降りてこれるという計算だ。この日も6時出発のために5時過ぎには起きていた。

FT2016-038.jpg
しかし体調が芳しくない悠さんはまだ本調子が戻っていないみたい。まだ体がだるくしんどそうだ。この日はモンキーフィエストライはやめて、様子を見ようということになる。とりあえず午前中を使って、俺と前島さんで軽くやさしめのマルチを1本やってくることにする。

FT2016-039.jpg
この日登ろうとしたラインはモーニンググローリーウォールにある3ピッチルート「Zebra/Zion」なのだが、東側に位置するエリアであるから当然すでに日向である。またスタートも少し遅れてしまったので、気温がグングン上昇していることがわかる。まあ10aだし、3ピッチなのでちゃちゃっと登れば大丈夫でしょうと準備を始める。岩場には同じ壁にあと2パーティがいて、Zebra/Zionのルートの出だしがかぶるルートを登っていたので、バリエーションのダイレクトスタート5.10cを登る。これが暑いなかではホールドがかなり滑って侮れない。落ちそうになるのを必死で堪え登ったため必要以上に力を強いられてしまった。

FT2016-036.jpg
その後は快適なガバから凹角クラックをグイグイのぼっていくわけなのだが、なんだか体が異常にだるい。ウォターチューブで水を飲みながら登っていたのだが、どうも体が思うように動いてくれない。約50mのピッチの終了点にたどり着いた時は自分のセルフはすぐに取ったものの、息が上がってフォローのビレイの準備がすぐに出来ない。深呼吸をしても呼吸が正常にならないし、体が動かないのだ。「これは熱中症か?!」と背中に背負っている水筒から水を口に含み、手のひらに吐き出して顔を洗う。頭からかける。体中を水で濡らす。いうことを聞かなかった体がようやく動きだしビレイオン。 フォローの前島さんも暑さと戦いながら登ってくる。そのうち色彩感覚に異常が出てくる。スミスの岩はオレンジなのだが、それが白っぽく色が変わっていくのだ。「むー、これは結構ヤバいな」と感じ、ビレイをしながら口に含んだ水で服を濡らしていく。そうこうしているうちに色彩感覚も元に戻ってき、前島さんも終了点に到着してきた。上がってきた前島さんもいつもの俺の段取りより時間がかかっているのでおかしいと思いながら登ってきたらしい。案の定途中のプロテクションも俺らしくない入れ方をしてるものが数個あったらしく、登っている間に既に熱中症が始まっていたのかもしれない。残り2ピッチは5.8と5.9なのでグレード的にはやさしいが、時間的にこれからもっと暑くなっていくし、ここから先でぶっ倒れても大変なので敗退することにする。上まで一気に抜けるつもりで取り付いたので60mロープ1本で来てしまっているので、50mピッチの1ピッチ目を2回に分けて懸垂して地上に戻る。取り付きに残置していたアプローチシューズは火傷しそうなくらい熱くなっていてしばらく履くことが出来ないほどだった。岩の上は照り返しもあるのでもっと暑い。しかも動いているから尚更だ。熱中症の症状が出たのは今回初めてなのだが、心から恐ろしいと思った。 

FT2016-040.jpg
ということでこの日はこのまま一旦レンタルハウスに戻り、すぐさま水シャワーを浴びて冷却。身体中が軽い火傷をしているような日焼けをしていた。火照った体を冷水に当て続けようやく体が落ち着きを戻す。まあそんな感じのワヤな1日だったのでクライミング写真がこの日は全くなし!ご期待に添えなくてすみません。。。 

FT2016-041.jpg
その後たまたま帰省しているRevolution/Pusherのクラークと晩飯を食べに行く。彼の田舎はなんとこのレッドモンドなのだ!笑 これまでソルトレークからコロラドに会社を移して活動していたが、今回無期休暇に入りオレゴンに戻ることにしたそうだ。ベースをBendに移すらしいので、今後どんな動きをするのかまた楽しみだわ。悠さんも晩飯時分にはかなり調子が戻ってきて、250gほどのステーキを平らげていた。よっしゃ、明日はみんなでモンキーに行くぞー!

つづくー。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kioriv12.blog90.fc2.com/tb.php/445-8f90066b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Family Trip 2016: Little Monkeys on The Big Monkey〜Day3 «  | BLOG TOP |  » Family Trip 2016: Little Monkeys on The Big Monkey〜Day1

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
Welcome to Johnny's World!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。