FC2ブログ
topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Family Trip 2013 to The USA: Burnt Out - 2013.10.07 Mon

FT201391.jpg
エピックトリップから一夜明けると、案の定過去最大級の全身筋肉痛。
自分など、歩くのは勿論、椅子から立ち上がる動作さえ激痛を伴い、何かに捕まらないと立てない!笑 
一夜にしておじいちゃんと化す。

FT201376.jpg
娘も爆睡中〜。まああれだけの行程をいきなりやった訳だからそりゃそうだな。

FT201378.jpg
先ずは全身砂埃だらけの体を洗い、シャワーで体をほぐしたい。ついでにランドリーもしてしまおう。こんな体では今日は登れない。。。Housekeepingはシャワー施設とランドリーがある。またGeneral Store的なストアもあって、食料も含め、だいたい揃って便利。ファミリートリップには使い勝手がいい。

FT201377.jpg
シャワーを浴びてすっきり!ランドリー中に再び眠りに落ちる娘。
妻も疲労はあるものの、洗濯物をチャチャっと洗い、元気!すごいなー。

FT201379.jpg
眠り姫とおじいちゃんは登攀能力がゼロなので、本日はグレーシャーポイントに上がって前日登りきったハーフドームを眺めようということに。途中のド定番撮影ポイントで記念撮影。遠くにスモークで霞んだハーフドームが見える。眠り姫は当然車中で爆睡中。

FT201382.jpg
おじいちゃんは太ももにもふくらはぎにもシップを貼りたおし、それでも歩けないので眠り姫の肩を借りる。
ああ、情けない。

FT201383.jpg
グレーシャーポイントはカリービレッジの裏山エプロンの上になり、ここからもハーフドームやワシントンコラム、ロイヤルアーチ等々絶景が見れる。

FT201384.jpg
眼下にはYosemite Villageがミニチュアのように見える。鳥になった気分。

FT201381.jpg
改めて眺めてみると、よう歩いた!よう登った!よう頑張った!よう帰ってこれた!笑

FT201387.jpg
さて、今回のスネークダイク。ファミリートリップ of 2013なので少し情報をまとめておく。クライマーファミリーの皆様の参考になれば幸いです。

Snake Dike (5.7 8ピッチ) Half Dome 南西壁
【ギア】
8.9mmと9.1mmのシングル60mロープ各1本。中間サイズのナッツ6本。キャメロットX4 #0.2〜0.75各1本、キャメロット#1を1本。クイックドロー10本。スリング120cm x 4本、60cm x 2本。ロック付カラビナ6枚。ATC-Guide x 1個、Micro Jul x 1個、ナッツキー x 2本。他個人装備にハーネス、ヘルメット、グローブ3人分。

【他携帯品】
水7L (3人分) 、昼食のサンドイッチ&ベリー、非常食のクリフバー5個、グラノラバー2本。ヘッドランプ4個、デジタルカメラ x 1台、iPhone x 2、Docomoスマホ x 1予。予備電池4本、携帯用パワーチャージャー1個。ファーストエイドキット。

【服装】
基本的にはTシャツ&7分丈パンツ。ただ早朝からの行動のため、フリースも持参。アプローチ用のシューズ。娘には長距離歩行のため、子供用の軽登山靴を用意。

FT201389.jpg
【作戦】
アプローチが長いので、出発は可能な限り早い方がいい。また壁の直下は落ちると洒落にならないスラブ帯が続き、子供がいる場合はロープを出すべき。この部分が約3ピッチ分あるので、アプローチに更に時間がかかることを覚えておくといい。

またスネークダイクは人気ルート。シーズン中は順番待ちもある。今回我が家は平日にも関わらず先行パーティが3組いた。当然ペースの遅いパーティの後になると、ルート上でも待機を余儀なくされる。

スネークダイクはロープを使うピッチは8ピッチだが、その後同じ位(それ以上?)の距離を頂上に向かって延々スラブを歩く。アプローチシューズもグリップ力が高いものをおすすめ。結構場所によっては気持ち悪い。そしてこの部分、全くプロテクションが取れないので、雨でも降って壁が濡れたら悪夢。天気予報はしっかり確認すること。またスコールの可能性も時期によってはあるので、出来るだけ午後4時くらいまでにはトップアウトしたいところ。

ハーフドームからの下りのワイヤーケーブルは滑りやすいので注意。大人は問題ないが、子供にはこのワイヤーが少し位置が高すぎて下りにくい。

帰りの道はトレッキング道なので、トレイルはすばらしく良い。ただ我が家のように、暗くなってしまうと誤って別のトレイルに入ってしまうので、ご注意。長いアプローチをこなし、マルチを登ってからの長距離帰路になるので、体力的にもかなりキツい。判断力や注意力も下がりやすいので、こうしたミスに繋がるのだと思う。帰りが暗くなるとヘッドランプを使いっぱなしになるので、予備電池をお忘れなく。迷った時のために、水は多めに。また非常食も持参すべし。そして子連れクライミングで恐ろしいのが、疲労がマックスになって子供が動けなくなるケース。こうなると相当キビシくなるので、そういうケースも想定している方が良い。我が家の場合、動けなくなりそうになったのは子供ではなく、自分でしたが。。。笑  子連れの場合はハーフドーム手前のLittle Yosemiteキャンプ場を利用して、1泊2日の行程にした方が無難かもしれない。当然ファーストエイドキットも持参。最低限のファーストエイド知識は身につけておききたい。

FT201390.jpg
いろいろ大変そうだけど(いや大変やった笑)、素晴らしいロケーションでのトレッキングと、美しい広大な壁のクライミングをひとまとめで、しかも家族一緒に味わえるというのはスネークダイクだから出来ることかもしれないし、こうした体験はやはりプライスレス!ファミリーアドベンチャーとしては最高の1本ではないかと思う。

グレーシャーポイントで記念撮影をしている頃、ハーフドーム周辺は暗雲が広がり、雨がそれから数時間降った。もしも初日に慣らしクライミングをしてたら、この日がハーフドームトライの日だった。この時間だとまだ壁にいたし、濡れた体で帰りのあのアプローチ劇を想像すると、ゾッとした。初日にいきなりアタックは結果として良かったみたいだ。また今回は心身ともにタフな妻&娘に大いに助けられた。この貴重な時間と体験、妻と娘に感謝!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Family Trip 2013 to The USA: Easy Day «  | BLOG TOP |  » Family Trip 2013 to The USA: Snake Dike

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
Welcome to Johnny's World!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。