FC2ブログ
topimage

2018-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

String Experience - 2013.07.25 Thu

wrongrubberplace.jpg

このブログを見てくださっている方々は既に、フランスで起きたイタリア人少年クライマーの事故死の原因についてご存知であろうと思いますが、ここに改めてどのような組み間違いであったのかここで紹介しておきます。

上の写真の赤いカラビナがゴムの輪のみ通った状態になっています。
正しい方法は両側のゴムの穴の間にスリングの穴が来る状態にしてゴムの穴-スリングの穴-ゴムの穴の順番に全てにカラビナを通します。

パッと見ただけではわかりにくい間違ったセット例について前回のブログエントリーで紹介しましたが、このケースは見れば明らかに分かる間違い。ただ問題は、そしてここが今回の悲しい事故の盲点かもしれませんが、見ればわかる間違いでも見なければわからないという事だということ。

これを受けてペツルのサイトにゴムストリングの注意ページがアップされました。
同社の製品だけでなく、他社製品についても触れているところはさすがです。
皆さんもぜひご確認頂き、周りの方々にもお知らせください。

String Experience
(http://www.petzl.com/files/all/product-experience/SPORT/PE_STRING_M90-PE-01A_EN.pdf)


どうしたらこの様な事故を防げるか。。。
一番大事なことは、正しくギアを使うこと!
事故はほとんどのケースで、そのギアに問題があって起きるのではなく、ヒューマンエラーで起こります。
正しい使用法を理解し、正しく使うことを常に意識することが大事。

確認をする!
自分の命を預けるギアの確認は自分で!自分の命は自分で守る。
他人のギアを使う時は尚更です!

他の人のことも意識!
一緒に登っている人がミスによって事故を起こしてしまってはツライ!
せめて一緒に登っている人がどのようなギアを使っているか、どのように使っているか、気にしましょう。

最後はカンなんです!
それでも見抜けなかったミスだって起こりうります。
最後の最後は死なないためのカン。なんかおかしいぞ、なんか気になるぞ、そういうカン。
これは鍛えようがないことかもしれませんが、上記のポイントを常に意識することで少しずつ身について行く気がします。

クライミングはとても魅力的な遊びです。
しかし常に自分が死んでしまうかもしれない危険も伴っています。
そのリスクを認識し、可能な限りコントロールすることがこの遊び。
そこは忘れてはいけない。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kioriv12.blog90.fc2.com/tb.php/421-748686ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Give Peace A Chance «  | BLOG TOP |  » QD

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
Welcome to Johnny's World!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。