topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New Year Moment No.4 - 2013.01.25 Fri

2013010600.jpg
ニューイヤートリップ最終日はバッタハウスから車で3分(!)なエリアからスタート。

2013010603.jpg
日当り良好で気持ちよい河原に程よいサイズのボルダーがゴロゴロ。

2013010612.jpg
子ども達もほっこりモード。

2013010613.jpg
地上30cmの奮闘。高知のアベトラベルも徳島の本家同様独特の趣あるラインを紹介してくれます。

2013010604.jpg
ユータは今日も果敢にラインを攻めています。アツい姿勢は父ちゃん譲りですな。

2013010614.jpg
午後からは前日行ったエリアに移動。

2013010615.jpg
バッタ先生早速ラインをチェックに入ります。

2013010606.jpg
おや?この方は別のラインに狙いをつけたようです。
しかもズボンを???まさか???

2013010607.jpg
さすが部長です。父ちゃんはアツいです。息子よ、この勇姿を目に焼き付けておけ!
2013年1月6日、ウォーターボーイズ始動です!笑
そして結果は...

2013010608.jpg
まあそういうことです。
そうでなくっちゃ。さすが部長。
初入水はやはり貴殿をおいて他にいるはずがありません。

本年も心底クライミングが楽しめそうな年になりそうです!

スポンサーサイト

New Year Moment No.3 - 2013.01.20 Sun

2013010514.jpg
緑が美しい新年の朝。ここ土佐の地は一足早く春が訪れる。

2013010515.jpg
とは言えまだ年は明けたばかり。足元を見るとまだ冬の色は濃い。

2013010510.jpg
本日も新たなラインに出会うべくおでかけ〜。

2013010507.jpg
くわ〜、たまらん。

2013010513.jpg
最近苔に惹かれます。

2013010508.jpg
苔で引いてみました。苔玉を鷲掴みで登るハイボール。

2013010506.jpg
中々にキツい下部から苔生すリップを抜ける好ライン。本日もB級グルメオンパレード!

2013010509.jpg
子供達もセッション開始です。

2013010505.jpg
このおっさんも珍しく積極的に登ってます。

2013010503.jpg
やっぱ好き者です。

2013010504.jpg
新兵器を投入して監督業も怠りません。

2013010502.jpg
初めて訪れるエリアでラインを引いていく感覚が好き。

2013010501.jpg
出会って、思いを巡らし、アプローチをかけていく。ラインとの特別な関係。

2013010511.jpg
たくさん登った後はバッタハウスでおでんパーティ!

2013010512.jpg
ここでも仕事は怠りません。


Question is... - 2012.02.14 Tue

reading2.jpg

登れるのかどうかではなく、登りたいかどうかなんだ。


Family Summer Trip No.3 - 2011.08.27 Sat

R194-01.jpg
ファミリートリップ最終日は黒潮さんが仕事なんぞに行くというので、
バッタ先生と一緒に更なる清流を求め、懐かしの安威渓谷に向かうことに。
黒潮さんが要チェックマークを入れているロードマップをこっそりと盗み見て、
途中にあるこのエリアを偵察することに。

R194-02.jpg
以前からここの道通る度に気にはなっていたが、じっくり見たことはない。
結構良い岩があるではないかーっ!対岸にはステキっぽい前傾シルエットも見える。
ちょろっと登っていきますかーってことになり河原に降りる。

R194-03.jpg
するとバッタ先生いきなりシューズだけ持って川を渡り始めます。
どこに行くのだ?

R194-04.jpg
でいきなりこれです。右の岩からトラバースして一番高いところを目指します。
さすが胸毛次男、さすがウォーターボーイズ一軍です!

R194-05.jpg
妻もスポットに入り、バッタ先生核心に突入です!

R194-06.jpg
かなり振り絞ったようで、抜けるなり横になるバッタ先生。
次男でこれなら長男のパフォーマンスは相当なものでしょう。

R194-07.jpg
プチウォーター課題も豊富です。

R194-09.jpg
開拓中~!ではありません。
近くで釣りをしていたおっちゃん。結構釣れるみたいです。

R194-08.jpg
もちろん「ふつう」に課題あります。
この小岩には数本ラインを引きました。
どれもおもしろいっ!

R194-10.jpg
右下から左上に抜ける好ライン。
ホールドもしっかり在り、ムーブも多彩で良いラインです。

R194-11.jpg
きれいな垂壁ボルダーにも2本。
地味に悪いええ課題です。

R194-12.jpg
どっかぶり面にも奇跡のホールド達が!!!
壁の中央からスタートし、ガバを繋げトップアウトする。
更に下からSDの可能性もあったのだが、残念ながらホールド吹っ飛び不可能に。。。

R194-13.jpg
そうこうしている内にまたあのお方が動き出します。

R194-14.jpg
頭にチョークバッグとシューズを乗せて、おっちゃんもついて行きます。

R194-15.jpg
対岸に見えていたええ顔したボルダー。中央の白い部分で上を目指す!

R194-16.jpg
バッタ先生に先行を譲ってもらい抜けました。
ちょっとスパイシーなほんまええフェイスです。
バッタ先生もさっくり登って二人満足。

R194-17.jpg
また川を戻り道路側の岩で遊ぶ。
右のラインには既にチョークの跡がうっすらと確認できる。
ま、道路からこの近さでこの岩なら登っとるわなー!

R194-18.jpg
この右のライン、一歩間違えば水ポチャ。
しかも結構むずいです。私敗退です。

R194-19.jpg
完登キメるバッタ先生。

R194-20.jpg
最後はこの面の中央にランジラインを見出し打ち込み。
飛び出しとフラれのバランスが絶妙なグッドプロブレム!
なんやかんやあっつい中一日中登ってしまった。
あー、よう遊んだ。

このエリアは川の両岸にボルダーが点在しているので、岩から岩へは徒渉は必須。
この時期だからできるウォーターボルダーサーキットエリアだな。
高知ツアーにお越しの方にはメインエリアの間にここ入れるのもGOODかもです!

Back on The Rock - 2011.04.30 Sat

tosa.jpg

久しぶりに岩に行ける!
思えば土佐は2月以来か?!
今回は川だけどね。
未だ見ぬお初な岩に心が踊る!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
Welcome to Johnny's World!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。