topimage

2018-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Landscape Part2 - 2007.07.27 Fri

モノクロになった時、岩はまた別の豊かな表情を見せてくれる。
見えにくかった形状や模様がはっきりするだけでなく、
岩の硬さという触る感覚が視覚を通して伝わってくる。
IMGP4861.jpg


IMGP4866.jpg


IMGP4890.jpg


IMGP4935.jpg


IMGP4953.jpg


IMGP4954.jpg


IMGP5157.jpg


IMGP5319.jpg


IMGP4850.jpg


ライムストーン(石灰岩)はモノトーンの中でより鮮やかにその存在が浮かび上がる。
登りたい衝動が湧き出てくる。


スポンサーサイト

Landscape Part1 - 2007.07.24 Tue

数少ない当ブログウォッチャーのお一人から「もっとニュージーの岩場の風景が見たいっ」とのリクエストがありましたので、以前のトリップレポートでは使わなかったものを何枚かアップしてみます。

IMGP4833.jpg
今日はどこから登ろうか。まちがいなく幸せを踏みしめている時。

IMGP4835.jpg
ここから見えるほとんどの岩は30M越えのスケール。ボルダーは手前に散らばる小さく見える岩達。それでも5M以上のものばかり。

IMGP4836.jpg
クウォンタムフィールドに入るとそこは正に岩のラビランス。自分がどこにいるのかわからなくなります。巡り巡ってさっき登った所に出て来たりする。岩ありすぎ~。

IMGP5109.jpg
季節は秋。黄金のフィールドに岩が雄々しく立ち並ぶ。

IMGP5311.jpg
普段は薄いグレーの岩々も光の加減でその表情を変える。ダークな岩からは時の長さを感じてしまう。

IMGP5175.jpg
下界では前日は雨だった。ここでは山が白くなっていた。冬の訪れは近い。

IMGP5408.jpg
岩だけでなく、山々も、丘も、すべてが一つになって絶景を生み出している。お気に入りの場所がまた一つ増えた。

次回は岩の表情をモノクロで紹介したいと思います。


Family Trip to New Zealand: Day 9 - 2007.05.29 Tue

May 6: On the way to Japan
IMGP4823.jpg

帰国の日がとうとう来てしまった。
行き同様、帰りの便も格安チケットの醍醐味エピックトランジット(笑)。
まずクライストチャーチ発のカンタスが朝7時テイクオフ。通常出発の2時間前には空港に出向くというのが国際便の基本だが、そんなことをしたら5時に到着しないといけない。ありえへん。6時着でええやんなーってことでゆっくりめでモーテルを後にする。それでも早朝に変わりなく、外は真っ暗。我々のレンタカーはAVISやHartzと言った大御所ではないんで当然オフィスは開いてない。なんと勝手に空港の駐車場に置いていけと言う。大丈夫なんかいな。教えてもらった浄水タンク横のスペースに車を乗り捨てる。隣に同じレンタカー会社の車が停まってて少し安心。しかしこれでいいのか~?!
同行のしんちゃんは別便で昼頃テイクオフなんだけど、レンタカー共有だから一緒に空港に。朝早くからつきあわせてごめんね、しんちゃん。ロングブラックというエスプレッソをまだ起きてない体に流し込み、しんちゃんをおきざりにするのでした。

IMGP5541.jpg

一路北島はオークランドへ。窓から朝焼けが見えていた。きれいだけど、眠い。

IMGP5545.jpg

オークランドに着く頃にはすっかり明るくなっていた。空から見える緑が美しい。ここからでも羊が見える。どこでもいるなー。

IMGP5551.jpg

オークランドでは香港行きのキャセイパシフィックに乗り換え。
ほんの4時間待ちです。

IMGP5556.jpg

まずは腹ごしらえ。最近の空港のカフェにはなかなかグルメなものも増えて大変よろしい。
しかしニュージーランド人も独特の味覚を持っています。ここのカフェでもチキンサンドにグレープジャムがべっとり挟んである。今回はほとんど自炊せずレストランやカフェで食事を済ませたのだが、宿周辺の店でもかなりショッキングなコンビネーションが。。。しんちゃんの頼んだ羊の骨付きグリルもキウイジャムがたっぷりかかってたし、俺が頼んだチキンの胸肉にもママレードがこれでもかとかかってた。酢豚にパイナップルが苦手なんて人いますが、ここはレベルが違います。

IMGP5557.jpg

カフェでだべりながらトポを眺めるみづほ。「あれもやりたかったなー」「ここにもこんなんあったんかー」と未練たっぷり。ショートトリップだから仕方がない。

IMGP5559.jpg

「そんなん言うてももう遅いで~」と言わんばかりの悠さん。
あんたは散々遊び倒して満足でしょう。

IMGP5568.jpg

空港内でみづほはお土産物色。悠さんはヘリコプター。

IMGP5584.jpg

急に悠さん静かになったと思ったら、こんなところで寝てました(笑)!
朝早かったからねー。これからまだまだなんやけどね。

IMGP5596.jpg

なんやかんやと時間は流れ、ニュージーを離れる時間に。またきっと来るからねー!

IMGP5603.jpg

飛行機の中のことはあまり覚えていない。寝てたような、起きてたような。
約10時間のフライトで香港に到着。現地時間で午後9時半くらいだったかな。
関空行きのフライトは午前10時!そう午前10時!当然我が家は空港ビバークです(笑)!

IMGP5609.jpg

場所が変われば取りあえず電源リセットできる悠さんは登り足りないのか空港内でぶら下がります。なんやかんやと遊び場を見つけては遊び倒します。子供は純粋にパワフルです。ママは行きしに関空で買った文庫本をようやく広げ読み始める。俺は今回ノートパソコン持参だったんで写真整理したり、ネット徘徊したり。香港の空港にはホットスポットがちゃんとありネットに繋がって時間つぶしにぴったり。ちなみにニュージーの空港でも無線LAN繋がるんだけど有料です。

IMGP5621.jpg

それでも待ち時間はたっぷり。Frequent Flyersでのオビー達の疲労シーンが脳裏に浮かぶ。あれもニュージーランドから日本に向かう途中の映像だったなー。そんな大人達をよそに元気な悠さん。うとうとする俺は叩き起こされサッカーさせられました。午前3時やぞっ!それでも明け方はやはり眠く、少し仮眠。時差ぼけ&疲労ピークで朝から俺はBurger Kingのスパイシーウォッパーバリューセットという暴挙に出る。うめーっ!悠サンたちも朝ラーメン。無理矢理パワーチャージして飛行機に乗り込んだのでした。

IMGP5623.jpg

IMGP5626.jpg

IMGP5638.jpg


photo.jpg
(写真提供:しんちゃん)
関空に着くとニュージーを俺たちより後から出たしんちゃんからメールが!
しんちゃんは夜中1時半かなんかでシンガポールを出発。早朝日本に着き、家でシャワー浴びてそのまま出社。当然死んでます(爆笑)! 社会人クライマーは戦うクライマーなのです!

family.jpg
(写真提供:しんちゃん)
今回初めて海外に家族で登りに行ったわけだけど、一人で行く時や楽しい仲間と行く時とはまた違った充実感があった。嫁とここまで一緒に登ったのも新婚旅行以来だし、とても楽しかった。そして何よりも娘とこういう体験を共有できたことは本当にすばらしいことだったと思う。これからもこんなトリップを続けたい。そして世界が自分達の遊びのフィールドであるというグローバルな遊び心を娘には育んでいってもらいたい。広い世界でいろいろな体験をすることで、それぞれのフィールドに対する強い思いも抱くようになる。いいクライミングがいい生き方に繋がると信じて。


Family Trip to New Zealand: Day 8 - 2007.05.22 Tue

May 5: あっと言う間にラストデー!
IMGP5407.jpg

朝少し早めに起きて荷造り。そう、今日はとうとう岩場最終日。スマイリーズのケイコさんにお願いして荷物を預かってもらい、いざキャッスルヒルへ!本日も快晴。空気がどこまでも澄んでて気持ちいい。今日は思いっきり登りまくるぞー!

IMGP5411.jpg

いつもアプローチで通り過ぎてるだけだったサブマリンボルダーで本日はアップをすることに。登ったことのない岩ではついつい張り切ってしまう。この岩は課題が岩の全面に程よくあって、気がつけばあれもこれもと登りまくってしまった。。。飛ばし過ぎだー。でも今日はそういう日にするのだ。

IMGP5416.jpg

その後はQuantum Fieldに移動し、ぜひ登りたいと思っていたPie Stopという三ツ星のV6カンテをやりに行く。この課題は数日前にトライしてみたのだが、上部のフェース部分の苔が雨で息を吹き返して湿気てて敗退してた。今日は乾いている感じ。カンテ好きの私には無視できないラインです。

IMGP5417.jpg

極小エッジとカンテからスメアで離陸し、その後はひたすらバランスポイントを探しながらカンテと格闘する好課題。上部はダイクのようなフィーチャーが発達していてスローピーなエッジが続く。

aretemania.jpg

苔は乾いていたが、今度は粉っぽくて苦労する。結構高い課題でドキドキしながら思い切りのいるハイステップをかまして高度を稼ぐ。ムーブとポジショニングという点でカンテはとても奥の深いクライミングだと思う。一昨日一撃できたPhoenix(☆V7)も非常におもしろいカンテラインだったが、個人的にはこのPie Stopがこのトリップでのベストラインとなった。

IMGP5419.jpg

てっぺんに立つとやっぱり最高です。

IMGP5430.jpg

そして隣の岩の名ラインOde To Joy(☆V1)もいっときました。高くてドキドキです。
これまたごっつええラインやったなー。

IMGP5448.jpg

みづほも前回登れなかった無名の☆V2に再度トライ。悠さんも応援に熱が入ります。

IMGP5450.jpg

もちろん悠さんもトライです。ライン取りが世界クラスです(笑)。

IMGP5453.jpg

場所を移動してFatwa(☆V7)のあるエリアへ。ここは歩きまわるだけで本当楽しい。

IMGP5454.jpg

このエリアは取り付きやすい高さのラインが無数に乱立する。

IMGP5459.jpg

青空の下課題登りまくり。あー、幸せだ。

IMGP5467.jpg

父ちゃんほっといて今日も楽しんでおります。

IMGP5490.jpg

走り回っては登り、登っては走り回る。遊んでる子供は本当にいい顔だ。

IMGP5475.jpg

岩場で記念撮影。ではなくて実は悠さんの電車ごっこにつきあわされてます。
岩が電車なんだそうな。素敵な発想だ。これからどこに行くのかな?

IMGP5492.jpg

Fatwaをトライするもののスタートできません。。。ということでSnake Eyeのエリアへ。
本日しんちゃん何回かガバポケットを叩くもののうまく手がヒットしません。惜しい、惜しすぎる。

IMGP5496.jpg

Snake Eye周辺のまだ登ってないおもしろそうなラインをみづほと一緒に登りまくる。
手首は連日のマントルで痛いわ、太ももは度重なる飛び降りで肉離れ寸前とお疲れ気味ですが、このラインも登りたくて今日もトライ。

eft.jpg

Energy Follows Thoughts。スローパーのポジションニングを確認し、出し切るつもりで取り付く。これまで保持できなかったスローパーを両手でマッチし、後1手のところで落ちる。最高到達点。しんちゃんも俺もそれぞれの課題であと1手となり打ち込みますが、やはりV9はキビシーです。もひとつ強くなって次来た時は登ってやるぞ!

IMGP5508.jpg

二人が打ち込み過ぎて暗くなってきたので急いでSpittle Hillのみづほの課題に向かう。
あまりの暗さにヘッドランプで岩を照らしてトライするが、惜しいとこまで行くも撃沈。
みんな仲良く宿題を残し次のニュージーランド行きを心に決めるのでした。
帰りに見えた山々と空はなんとも言えない表情を見せていた。

IMGP5526.jpg

翌日朝6時空港というフライトのため今夜はクライストチャーチに移動。
適当にモーテルを見つけて夜の街に繰り出す。今夜は食って飲むぞー!
追憶の橋という観光名所の横にあるレストランで羊ピザなるものを食す。うまい!

IMGP5518.jpg

悠さんも超ご機嫌。家族での初めての海外トリップ。
素晴らしい時間をたくさん共有できた。
本当にいい思い出がたくさんできた。
みんなのこの笑顔のために、これはまた来ねば!
しんちゃんにもいろいろお世話になりました。Thank you!

IMGP5531.jpg

Bridge of Remembrance/追憶の橋。第一次世界大戦中、出兵する兵士をこの橋から送り出し、無事帰って来た者も、残された者も様々な思いでこの橋を見つめたということからこの名前がついたらしい。それらの人々はそこからまたより良い未来に向けて歩み出したのだろう。エイボン川沿いのこのカフェから橋を見ながら自分たちのクライミングを重ねてみる。過去の経験に思いを馳せ、さらにいいクライミングができるよう歩んでいこう。家族とすばらしい仲間と共に。

Family Trip to New Zealand: Day 7 - 2007.05.17 Thu

May 4: のんびりデー
IMGP5227.jpg

いつもは晴れる日でも雲りっぽいスプリングフィールドの町も今朝は日差しが降り注ぐ。今日はええ天気やあ。隣町のダーフィールドにあるしんちゃんオススメのベーカリーでランチを買って岩場に向かう。途中工事中の道路標識に羊マークを発見。さすがニュージーランドです。

IMGP5233.jpg

この羊マークを見て、そういえばニュージーランドに来て羊の写真を撮っていないことに気づく。毎日岩場に向かっている道路脇にも羊を放牧しているところがあるので寄り道して写真を撮ろうとしたのですが、羊さんたち人間が近づくとパーッと離れていってしまします。

IMGP5240.jpg

それでも間近で羊さんを見れておおはしゃぎの悠さん。ここで一気にテンション上がります。

IMGP5245.jpg

大好きな風にもみくちゃにされながら車中でも羊さんたちに向かって吠え続けるのでした。

IMGP5258.jpg

岩場に着くなりダッシュの悠さん。本日はまだ触っていないSpittle Hillの☆マーク課題を中心にまずは攻めてみようということになんとなく決定。昨日はレストの次の日ということもあって相当登り込んだので今日はのんびりムードです。

IMGP5269.jpg

Spittle Hillを代表する美しいスラブ課題のNasal Slip(☆V4)。花崗岩とちがい石灰岩のスラブには結晶がないので純粋にフリクションクライミングになる。こういうタイプはなかなか一歩が上がらないのです。ガバスタンスから動けないしんちゃん。ちなみに私は地面から一歩も上がらず撃沈でした。くやしい~。

IMGP5281.jpg

今日は天気も良いのでいつもより人がいる。って言っても我々を含めても10人くらい。
この膨大なエリアにこの人数。なんとも贅沢ですな。

IMGP5279.jpg

Spittle HillのハードスラブOn the Edge(V6)を地元クライマー達とトライしてみる。スタンス悪い、ホールド無い、左上するカンテは持つとバランス悪いと三拍子揃った好課題。こういうの大好き。スラブやカンテってのは本当に奥が深いなー。

IMGP5307.jpg

そのダブルカンテの左からスタートするこれまた好課題のV3をトライするみづほママ。ポジショニングやヒールフックなどこちらもなかなか内容の濃い一本です。

IMGP5280.jpg

気がつくと悠さん、俺のランチを勝手に食っている!俺のシーフードパニーニ。。。
結局食べれたのは悠さんがこぼした具のシュリンプだけ。悲しい。

IMGP5320.jpg

この日の悠さんは食べてばっかり!でもいいのよ、それで。大自然の中で走り回って、腹が減ったら食べてまた遊ぶ。ここ数日でまたええ顔になってきたと思う。のびのび育てよ!

IMGP5268.jpg

岩の迷路で遊ぶ悠さん。とうちゃんはムーブ考え中。。。

IMGP5311.jpg

眺めているだけでも気持ちいいキャッスルヒル。自然の中の遊びはロケーションがその体験をさらに思い出深いものにしてくれる。こんな岩場を登り続けたい。

IMGP5301.jpg

Spittle Hillのトポの表紙にもなっているCyclops Boulderの看板課題Diablo(☆V8)をトライ。10Mを超すボルダーに点々と大穴が空いていて、その間は何もない。見たら触らずにはいられない表情をしている。予想通り身動き取れず撃沈。でもこんな課題にトライできて幸せな私。

IMGP5289.jpg

こんな課題もありました。The Fickle Finger of Fate(☆V3)。わざわざ指の先まで出てからマントルです。ん~、楽しすぎる。

IMGP5332.jpg

その後みづほの宿題であるBeautiful Edgesのあるエリアへ。この辺りの岩の密集度は高くルートクラスの岩もゴロゴロなのでトポを見ても混乱するだけ。私は一人フラリフラリとおもしろそうなラインを手当たり次第に登りながらSpittle Hillのてっぺんまで行ってみました。眼下には素晴らしい景色が広がっており、来てよかったなーとしみじみ思うのでした。

IMGP5336.jpg

しんちゃんも今日は流しモード。Beautiful Edges周辺の課題で戯れる。

IMGP5344.jpg

がんばるママのためにせっせせっせとホールドお掃除をする悠さん。できた娘だ。

IMGP5343.jpg

しかし。。。すべてを出し切ったみづほママ。また明日トライすればいいさっ!

IMGP5359.jpg

今日も夕日が美しい。いい一日だった。

IMGP5379.jpg

夕食から宿に戻るとスマイリーズの子供達(トシ君、エリカちゃん、ジョージ君)と近所に住むこれまた日本人ハーフのロージーちゃんに襲撃をくらう。で、ツイスター!股間の柔らかいしんちゃんも当然参戦です。

IMGP5394.jpg

将棋崩しはクライマーには不利?ぶっとい小指で真剣に駒を引っぱる。

IMGP5404.jpg

将棋でリベンジするしんちゃん。

IMGP5405.jpg

悠さんもすっかりお姉ちゃんの仲間入り。こうしてスマイリーの夜は更けていくのでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Johnny

Author:Johnny
Welcome to Johnny's World!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。